歯科治療8年の苦労ばなし  16

          
          P1000290
 アクセスするのに、すごく重くてなかなか開かないということのようです。
 
それで、今回からレイアウトのスタイルを換えてみました。
 
改善されれば良いのですが。
 
 
 キルギスタンでは、赤いバラが公園、通りの植え込み、ホテルの花壇など、
 
あちこちに植えてありました。キルギスの人たちは花を愛でる習慣が
 
すっかり定着した人々のようです。
 
田舎の民家の生け垣や庭にバラの花が咲き誇っていたり、
 
ホテルに着くと庭の可憐な花が迎えてくれたり、
 
ロビーに生けられた花も豪華ではないのですが、手作りの味がありました。
 
 歯の方は、まあまあです。顎の痛いのはだんだん治まってきたような
 
気がします。首、舌の筋肉も緊張がほぼ取れた状態から、
 
前進も後退もなく、4カ月前の状態と比べれば、とっても快適?かな・・・ 
 
 今回は、第十一章 六軒目の歯医者 の途中からです。
                P1000385  
 
 
             「歯科巡歴の記ー蟻地獄に落ちた」 
      
     第十一章  六軒目の歯医者
              
            四   検査結果は出たけれど
 
 検査結果が出る日だ。
 
 結果に基づき計算で歯の高さが分かれば、これで仮歯もきちんとしたものが作れる。
 
本物のブリッジができるのも遠くはない。そうすれば、歯の痛み、筋肉の緊張がすっかり
 
取れるかもしれない。二年以上になる歯医者通いと、おさらばだ!
 
 期待一杯、診察台に座った。
 
「お待たせしました」
 
 手に検査結果の資料と、上下の歯型が顎関節で繋がったようにセットされた、
 
いかにも精巧そうな模型を手に、歯医者が診察室へ入ってきた。
 
「いやあー、大変なことになっていますね。きちんと計算したのですが、殆どの歯を削らない
 
といけませんね。歯の並びも…もともとこんなふうだったのですか?」
 
「いいえ」
 
「まず、写真を見てください。顔も歪んでいますし、立った姿勢もずいぶん歪んでいるでしょう。
 
歯がきちんとしていないと体全体のバランスが崩れて、こうなるのです」
 
「自分でも、不安定なのは感じています」
 
「顎の後の首の骨と歯を結ぶ線の角度が重要です。それに基づいて計算すると、
 
ほとんどの歯が高すぎます。削って調整しなければなりません。それと、三本ある親知らず
 
を抜かなくてはなりません。親知らずは、あっても害になるだけですし、あなたのは三本なの
 
で左右の重さが違って、バランスが悪いです」
 
 急にそんなことを聞かされても……。
 
「良い歯をそんなに何本も削るのは…。一度削ってしまったらそれっきりですし…。
 
親知らずを抜くのも、これまでの経緯がありますので、怖くて…」
 
「大丈夫です。三本を一度にではなく、一カ月に一本ずつ抜きますから」
 
「それでも怖いです。これ以上なにか悪いことが起こらないかと心配です」
 
「大丈夫ですよ」
 
「あのう…どうして私の歯は、そんなに低くしなければいけないのですか。その計算結果は
 
一番奥の歯が基点になっているようですが、今のその奥歯は基点になりますか?」
 
「この奥歯、前の先生が削っていますか?」
 
「はい、削って低くなっています」
 
「うーん。そうですか」
 
 低く削った歯を基準に計算して出した数値が正しくないのは当然だろう。
 
 この治療には保険は適用されず自費になると言う。歯を削って、親知らずを抜いた後、
 
一年くらい歯列を整える為にスプリントというものを下の歯列全部に被せる。初めは週に
 
一回、しだいに間を開けて月に二回、その調整をする。一回の調整代が二万円。
 
「えっ! 今、治療中の痛い歯の治療とは別にですか?」
 
「痛い歯の治療は、もちろん保険が効きます。でもそれだけでは、あなたの歯は良くなり
 
ません。全部の歯を根本的に綺麗に整えないと、顎関節、顔、体の歪みは治りませんよ」
 
 今、治療中の歯も最終的にはブリッジを作らないといけない。他にもクラウンを被せたり
 
しないといけない歯も何本かある。合計で幾らになるのだろう。
 
「最終的に幾らになるかは、やってみないと分からないので、はっきり言えませんが、
 
二百万円くらいですかね。歯の材料に何を使うかで変わってきますが」
 
 やっぱり、そうか。近所の噂どおりだ。
 
 あそこへ行くと百万円単位で、ぼったくられる。五百万円くらいはすぐ。保険でしてもらうと、
 
おおざっぱで、いい加減。
 
「あの……治療内容もですし、金銭的にも、ちょっと決心がつきません。
 
考えて出直してきます」
 
「いいですよ。次回の予約を取って、今日は、このままお帰り下さい」
 
 その夜、遅くに帰宅した夫は憤慨して毅然と言い放った。
 
「最初から保険で治療できないと言って、二百万円も吹っ掛けてくるような医者は
 
信用できない」
 
 同感だ。
 
 一週間、また、ごろごろ寝っ転がりながら考えた。
 
 他を探した方が良さそうだ。
 
 今までの歯医者で腑に落ちなかったことを納得いくように説明してくれて、良い歯医者に
 
思えたのに、また振り出しに戻るのか。検査代を含め、四万円はドブに捨てたのか。
                                                                                                            
                           P1000440 
 
             五  百万円単位のぼったくり金儲け主義      
 
 
 どこの歯医者へ行ったら良いのか判らない。予約もある。前回、考えて次回に返事をする
 
と言ったのだから、もう一度六軒目の歯医者へ行ってみよう。保険で本当に治療ができない
 
かどうか、確認してみよう。何か良い折衷案を出してくれるかもしれない。
 
 気を持ち直して六軒目の歯医者へ行った。
 
「保険で治療するのは死に向かって行進するようなものです。健康で長生したいでしょう。
 
脳卒中で半身不随になったお婆さんも、この方法で動けるようになりました。
 
他にも、たくさんの人を助けてあげました」
 
 そのお婆さんのスライド写真を見せてくれた。
 
「ここで開業して十年以上になりますが、五千人…いや、五百人をこの方法で治しました」
 
 歯医者のまくし立てに、私が怪訝そうな顔をすると、五千人が五百人に変わった。
 
 これは駄目だ。他の歯医者を捜そう。
 
「ちょっと待って下さい」
 
 突然、診察室を出て行った。手にいっぱいのコピーを持って帰って来た。
 
「ほら、見て下さい。この方法を考えた先生の論文です」
 
「はあ…」
 
「ほら、次のページも見て下さい」
 
「……」
 
「ほら、これも」
 
「……」
 
 次々と私の膝に五、六枚続きの論文らしきコピーを置いては、サッと取って次に換える。
 
 これでは、目をとおすにも早すぎる。なんのために見せているのか。売らんかなの
 
セールスマンのようで、とても医者が患者に接する態度とは思えない。軽薄さが信じられ
 
ない。三軒目の歯医者、”ロマノ”も商魂逞しいと思ったが、上には上がいる。
 
こんな歯医者が世の中に本当に存在するのだ。
 
「保険でしていただけないのなら、結構です」
 
「じゃあ、この治療は置いておくとして、他にも、少し虫歯になった歯が何本かありますから、
 
それを治療しましょう」
 
「はっ? 治療中の歯をそのままにして、痛くない歯の治療を始めるのは気が進みません」
 
「なんや! 根本的に治療を仕直すんかと思ったのに。歯医者も金儲けや。金を儲けないと。
 
保険で治療していたのでは金になれへん。こんな説明ばっかりしてたら、金にもなれへんし、
 
時間の無駄や!」
 
 捨てゼリフを残して、診察室を出ようした。
 
「先生! 仮歯だけは作り替えて下さい。正確な高さの仮歯を作るために検査をして
 
いただいたのですから」
 
「作りません!」
 
 サッサと出て行ってしまった。
 
 呆気に取られた。私一人が取り残され、歯医者は隣の診察室へ行ってしまったのだ。
 
 あんまりではないか。
 
 ここでは、診察室は完全に壁で仕切られた個室になっていて、各部屋にレントゲンなどの
 
装置が備え付けられている。それが四室か五室ある。設備代が高くついているのだ。
 
元を取り戻すには儲けないといけないのだろう。近所の人の言うとおり、金儲け主義、
 
保険だったら手抜きで雑、というのも頷けた。
 
 あー、バカだった。
                                P1000230                                                                                                                                                       
 その後、聞いた話だ。
 
 近所の人で退職金何百万円かを、この六軒目の歯医者で支払ったが、まだ治らないという。
 
あまりに大金をつぎ込んだので、今さら転院する決心が着かないで悩んでいると言うのだ。
 
それに比べれば、どうってことはないか・・・。
 
 五件目の歯医者のことも教えてくれる人がいた。
 
「あんな歯医者に行ったの。私だったら絶対行かないわ。たいして上手でもないのに
 
プライドと値段ばっかり高いだけ。あの奥さんも変な人でしょう。あそこで酷い目にあって、
 
なんの補償もしてもらえないで凄く怒っていた人がいるわよ。あの歯医者とは親しい知り合い
 
だったのに、無責任な対応だったとかで有名な話よ」
 
 五軒目を紹介してくれた元衛生士に確認した。
 
「患者さんと喧嘩したって言ってた」
 
  知っていたのだ。あんな変な雰囲気の歯医者と奥さんだ。何かあっても不思議ではない。
 
  あーあ。事前に教えてくれれば。
                                                                  
                    P1000258    つづく 
                                                                                   
                                                                                      
                                                                                  
広告
カテゴリー: 健康 パーマリンク

歯科治療8年の苦労ばなし  16 への18件のフィードバック

  1. 乙女 より:

    保険で出来ない治療ってどんな治療なんでしょうね。
    治療は保険が効くと思うな~
    材質などが違うのは分かるけど・・・
     
    良心的な良い病院もいっぱいあるのに、
    金儲け主義の病院へ行っちゃったんですね~~
     
     

  2. Nami より:

    病院もそうですけど、歯医者もそうなんですね。
    私も病院は信じられなくて、結構、はしごをします。
    とにかく、悪く言って、手術を勧め、特に切らなくてもいいものまで
    切るような気がしてならないのです。
    専門的に勉強してるものでもなにので、医者に言われればそれを信じるしかないですものね。
     

  3. ク~ より:

    なんだか・・小説のような話で・・・
    患者に対してそんな冷たいセリフを吐く方がいることが信じられない(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
    日本の医師教育を根本から考えてほしいね
     
     

  4. じばこ より:

    この歯医者は、完全にお金しか頭にないと、一目瞭然。。。
    姉夫婦も、とてつもないお金をつぎ込んで治しましたが、結局は夫婦共
    次々駄目になったようです。
    早目に見切りをつけて良かったですね。
    でも、ここで、まだ、2年ですね(-"-)
     
    白い花さんの写真で、大きなお花が見れて嬉しいです!

  5. Unknown より:

    ぼったくり、みえみえでよかったですね
    程ほどの請求額だったとしたら
    けずられていたかも?
    と思うとぞっとします。
    ものわかりよさそうな歯科医もこわい・・ですね~
    追;出だしが軽くなっていると思いますよー♪~♪

  6. ぷち より:

    私も、近所のあまり評判の良くない歯医者で
    15年くらい前、30数万円で作った歯の具合いが良くないのですが・・・
    でも、ほんとにひどい歯医者ですね・・・(>_<)

  7. 頼基 より:

    まだ少し重い感じがします(笑)。
    歯科医とのやりとり、緊迫の空気感が伝わり、
    身悶えしてしまいました(苦笑)。
    でも数百万が4万円で済んだのなら、
    高い勉強代でしたが、まだ良かったのではないですか?

  8. 洋子 より:

    5軒目の対応も信じられないものでしたが
    この6軒目も酷いですね。しかも性質が悪い酷さですね。
    審査室を出て行ってくれてかえって救われましたね。

  9. 白い花 より:

    昔の乙女さん
    私も夫も、その当時は歯科診療の保険制度が良く分かっていなくて、
    保険ですべて治療が出来るものだと思っていました。
    でも、そうではなかったのです。
    普通の虫歯の治療や、クラウン、義歯などを作るのは保険の対象になるのですが、
    ちょっと込み入ってくると保険が効かなくなります。
    2軒目で仮歯を作ったときに、「保険が効かなくて自由診療になるので、貰うと高くなるから、ただにしておく」
    と仰った意味が、この時点ではまだ理解できていませんでした。
    5軒目でも、ブリッジの仮歯に3万円払っています。それも当時は、きちんと認識できていませんでした。
    現在通っているところも自由診療です。
    ちょっとややこしくなると、保険が効かなくなるというのが理解できたのは、この後2,3年経ってからです。
     
    それにしても、この6軒目の歯医者は酷いと思います。

  10. 白い花 より:

    nami さん
    患者は医者よりも医学的知識を持たなければならない、
    というようなタイトルの本がありましたが、
    そう言われても難しいですよね。
    でも、ある程度の知識は必要だと今は痛感しています。

  11. 白い花 より:

    酔いどれク~さん
    あまりの露骨で、あさましいとも言える態度に、呆れはて、
    どんな職業の人にも、色々な人がいるのだと、私は認識を改めました。
     

  12. 白い花 より:

    爺婆仔さん
    これくらいはっきりしていると、分かりやすくて、
    返って良かったと言うことでしょうか。
     
    はい、まだ2年です。

  13. 白い花 より:

    そらさん
    そうですよね。不幸中の幸いですね。
    それまででも10本程すでに削られていましたので、
    これ以上削ってはいけないとは、思っていたのですが、
    そこそこの金額だったら、そのまま続けて行っていたかも知れませんね。

  14. 白い花 より:

    ぷち・ぷち・P さん
    30万円もしたのに具合が悪いなんて、悔しいですよね。
    歯医者はピンキリで色々あるようですね。
    行ってみないと分からないし、して貰わないと分からないし・・・

  15. 白い花 より:

    頼基さん
    仰るとおりですよね。私もそう思っています。
    でも、鈍感な私でも早々?と見限ったのに、騙されて何百万円も払う人がいるのですよね。
    不思議な気がします。
    ワラをもすがる、せっぱ詰まった思いでいると、見えなくなることがあるようです。

  16. 白い花 より:

    洋子さん
    そうなんですよね。
    でも、今でもつぶれずに開業しているのです。
    近所でも、あれだけ評判が悪いのに、どうしてなのかと思います。
    そういう私も、事前に評判が悪いのを知っていても、飛び込んだのですからね。
     
    私の知り合いは、しっかりした人だったのに、
    その歯医者の言うことを鵜呑みにしてしまったようです。
    しかも、私のようにせっぱ詰まってもいなかったのにです。
    彼女、気が良くって親切な人だったので、
    人はみんな、そうなのだと信じていたんでしょうね。

  17. Misa より:

    こんばんは☆
    す、すごい・・・(汗) こんなお医者さんが普通に開業しているという事実が
    恐ろしいです。まるでドラマのような展開で…何だか背すじがぞぞーっとします。
    私は親知らずが4本全て生えています。
    まっすぐ生えていて、このまま虫歯に気をつければ何も問題はないですよ、と
    以前、職場の近くで通っていた歯医者さんが言ってくれました。
    そのあと、職場が移り、別の場所の歯医者さんへ行ったとたん、
    ちらっと見るなり…「親知らずなんて抜いちゃいましょう。今日、1本抜きましょうか」と
    言われて、あり得ない!と思いました。
    本当に色々なお医者さんがいるわけて、治療を受ける私たちは何を根拠に決めたら
    いいのか…場所や建物の外見だけでは、全く想像がつかないですよね。
     
    キルギスのお花すてきです。素朴だけれど、人の心を癒してくれますね(^-^)
     

  18. 白い花 より:

    Misa さん
    親知らずのことでは、この後も抜くか抜かないかで、二人の歯科医が違うことを言いました。
    その後行った大学病院の歯科医はやっぱり抜かない方が良いという方針でした。
    年をとって第2大臼歯がなくなることがあっても、親知らずがあればブリッジの脚になるし。
    結局、曲がって生えていなければ、抜く必要はないと、現在、私は理解しています。
     
    でも一昔?、二昔?前に親知らずは不要だと言われて、抜いてしまった人が、知り合いにも何人かいました。
    そして、いまだに、抜いた方が良いという歯医者がいるのですから、困りものですよね。
    最新の医学知識は、なかなか町の歯医者さんには届かないのでしょうか。
    休診日にゴルフなんかしないで、新しいことを勉強して欲しいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中