歯科治療8年の苦労ばなし  20

 
      P1000290             
 今週は忙しくて土曜日になってしまいました。
 
写真は奈良のお寺の萩とコスモスです。昔のもので申し訳ないです。
 
 歯の方は、首や舌の左側が引き攣り、3カ月前に逆戻りしたように思うのですが、
 
株価の乱高下のように症状が推移するタイプの人もいるからという説明でした。
 
それでも右肩上がりで治っていくらしいので、気長に待つより他にないようです。
 
なにしろ8年以上でここまで来たのですから、たった4カ月で治るわけもなし・・・
 
左右前後の噛み合わせの位置が決まれば、歯の高さも仮歯で調整していくそうですが、
 
まだそこまで至っていないので、この顔で我慢、我慢。
 
上下の歯が噛み合わないように(間違った情報が脳に行かないように)
 
口をいつも開けておくように、外出時はマスクをというのですが、難しいです!
 
 今回は、第十四章 七軒目の歯医者からです
                                CACGA88B
             
 
                 「歯科巡歴の記ー蟻地獄に落ちた」
 
 
    第十四章  七軒目の歯医者
         
 
          一  偏屈でハンサムな歯医者さん       
 
 
 大阪の大学病院へ行くべきか。名古屋の大学病院へ行くべきか。K歯科医の紹介してくれ
 
開業医へ行くべきか。決心が着かない。鎮痛剤を飲んで家でごろごろしていた。
 
 紹介された歯医者の留守番電話に名前を残してから一週間くらいして、電話が入った。
 
歯医者の休暇明け初日に予約を取った。もう成り行きに任せよう。気分が楽になる。
             
                                                                                            CA2RC8LE
 診察初日、どんな歯医者だろうと期待と不安が交錯する。
 
 診察室は、二台の診察台を置いた場所とソファーを置いた待つところを、背の低い間仕切り
 
のようなもので通路分を残して区切ってあるだけだった。ソファーもくたびれている。不潔で
 
ないのだろうが、清潔感がない。部屋全体が薄暗くて陰気な感じだった。
 
 部屋の奥の暗闇に、診察台に座った患者と、その傍らに立つ歯医者が確かにいる。間仕切
 
の切れ目から見える。衛生士のような若い女の人もいる。診察台の横に立って無言でじっと
 
治療を見ていた。
 
 それにしても、待っている二十分ほどの間、咳払い一つない。シーンと静まりかえっていた。
 
患者はもちろん、歯医者まで無言なのだ。時々、治療器具をトレーに置く金属音が響く。
 
緊張感が部屋の隅々まで支配していた。
 
 無言で治療をする歯医者は初めてだ。偏屈だと言っK歯科医の言葉を思い出す。
 
 私の番になった。歯医者は診察台ではなく、小さな机の前に座っていた。ソファーから立ち
 
上がり近づいて行く私に意外にも、にっこり笑った。優しそうに思えた。
 
 ここでは初診時、診察前に歯医者自身が問診をした。初診で治療台ではない椅子に座わら
 
せて丁寧に事情を聴いてくれたのは初めてだった。どう今までの経過を切り出そうか気が
 
重かったので、向こうから先に事情を尋ねてくれたのは有り難かった。本当に嬉しかった。 
 
「T大病院のK先生からご紹介いただきました。お電話をしておくと仰っていましたが」
 
「ああ、留守電に宜しくと入っていました」
 
「じゃあ、今までの経過はお聞きではないのですか?」
 
「留守電だけで、その後は電話もないし。アハハハハー」
 
 どういうことなのだ。ちゃんと電話をしておくと言ったのに、無責任ではないか。
 
 今までの経過を説明した。複雑で、話だけでは解り難いと言う。そうだろう。自分自身でも、
 
こんがらがるような話だ。それに歯医者は、以前に入れていたブリッジの材料はどんなものだ
 
ったかまで知りたいと言う。
 
「分かる範囲で良いですから、次回までに詳しく書いて来て下さい」
                                                                                                  
                                                                              CAKXV202 
 その夜、帰宅した夫に、開口一番、報告した。
 
「今度の歯医者さん、良い人だった。今度こそ治るかもしれへん」
 
「おまえ、歯医者、替わるたび初めはそう言ってるよな。今度も一回だけでは分かれへんで」
 
「そやろか。でも、ハンサムで優しそうな人やったけど」
 
「それ、歯医者の腕と、どう関係あるねん」
 
「うん…」
 
 友人達も異口同音だった。
                              CA2J1OV8                                                                  
                                                                                                                                  
 翌週、レジメを持って歯医者へ行った。A4で七枚もある。もっと短くならないかと二枚のも
 
作っみた。しかし、二年を過ぎる、開業医六軒と総合病院の歯科医二人分の治療経過を
 
説明するには、長くなっても、その方が、事情が分かり易いのではないかと思った。
 
「七枚も書いてきた患者さんは初めてです」
 
「もっと簡単なのが良かったでしょうか。こんな長いのを読んでいただけますか?」
 
「詳しい方がよく分かります。読ませていただきますよ」
 
「ブリッジの材料は、以前の歯医者さんに詳しくお聞きしていないので、正確ではありません」
 
「分かる範囲で良いです。きちんと聞いて記録をとっておいた方が良いですよ。
 
重要なことですから」
 
 それ以後は、忘れないうちに色々なことを記録するようにした。
 
 材料まで、どうしてそんなに知りたいのか不思議だったが、材料にアレルギーがあるか
 
どうかは重大なことだと教えられた。                                                           
                                                                                  CAEL2LDI
 
 この二年間で作ったブリッジやクラウン、詰め物、仮歯の材料を思い出してみた。
 
 ブリッジは三回作り直している。
 
 一回目は銀の台の上にセラミックを被せたもの、二十四万円。二回目のはなんの台かは
 
知らないが外側の見かけはセラミック、十七万円。二十四万円と十七万円は合わなかったの
 
返金してくれた。三回目はプラスティックと何かの合金を組み合わせたもの、二万一千円。
 
 他には、クラウン三本、二回作り直したものもあるので、合計五本作っている。
 
 一本は金で五万円、他の四本は保険の合金だ。一本、二千円程度。
 
 それから、三個削って詰めた。
 
 一個は保険の合金。値段は知らない。二個はセラミックとプラスティックの混合物。細菌が
 
きにくく、体に良いと説明を受けた。二個で三万円。
 
 仮歯は、三軒の歯医者で作った。
 
 すべて材料はプラスティック。どんな種類のプラスティックか詳しいことは知らない。
 
 初回は、私の歯に合わせて作ったブリッジの仮歯。保険が効かなくて料金を貰うと高くなる
 
ので、代金は要らないと言ってくれた。二回目に他の歯医者で作ったのは、既製の一本ずつ
 
仮歯を私の歯に合わせて少し調整たものだ。二本入れたが、治療費も含め五、六千円。
 
三回目はブリッジの仮歯で、治療費も含め三万円。 一回目と二回目のは後で加工しなおす
 
ことはできないものだが、三回目のは後になってからでも高さを調整するためにプラステック
 
を上に足すことができるものだった。
 
 一回目、二回目の仮歯のプラスティックにはアレルギー反応は出なかったが、三回目のは
 
喉が真っ赤に腫れ息が詰まりそうになった。仮歯のプラスティックにも種類があるようだ。                          
 
                          CAFFC14W      つづく                                                                          
                                                                                                                               

広告
カテゴリー: 健康 パーマリンク

歯科治療8年の苦労ばなし  20 への10件のフィードバック

  1. じばこ より:

    今現在、常に口を開けていなくてはならないとは、口内が乾燥して
    しまいますよね~
     
    No20までの情報では、ハンサムな、よく聞いてくれる歯医者か~
    ここで、過去の記録を残すように言われたのですね。
    でも、御主人のおっしゃる通りなんですね。
    白い花さんは、純粋で素直過ぎるのかな?
    いや、その場に居たら、同じです、私も。。。

  2. 白い花 より:

    そうなんです。だからペットボトルをいつも持っています。
    外出するときも、家の中でもぶら下げて移動しています。便利なんですよね。
    近頃は、プラットホームで飲み歩きです。
     
    根が単細胞で、信じやすいようです。
    「騙されたって、傷つかぬ」 が若い頃の座右の銘でした。
    このフレーズって、舟木一生の歌のなかにあったような・・・
    でも、騙すよりも騙される方が良いと思いませんか。
    私の場合はバカなのですが。
     

  3. Misa より:

    こんばんは☆
    この章を拝見すると、新しい歯医者さんとても良さそうですが…
    丁寧に色々と話を聞いてくれたり今までにない展開ですよね。
    あ、でもタイトルに「偏屈な」とありましたよね。
    うーむ。気になります。
    それにしても、治療費って高いですよね。私は今まで歯の治療は保険内で
    済ませてきたけれど、今後は保険外の治療もするかもしれないし。。。
    心配です。
     

  4. 洋子 より:

    まず話を聞いてくれる、というのは良いですよね。
    これまでの情報を得て検討しようという姿勢も見えて。
     
    ところで、コスモスの写真がどれも綺麗ですね!

  5. ハクション より:

    >左右前後の噛み合わせの位置が決まれば、歯の高さも仮歯で調整していく
    どうやらいつまでたっても同じことの繰り返しになりそうですね
    高さが良くなったと誰が判断するんでしょう。
    患者の主観?術者の主観?
    本当に必要なことは患者の主観と術者の客観です。
    どの歯科も五十歩百歩ですね。

  6. 白い花 より:

    Misaさん
    とっても優しそうな良心的な感じの先生だったんですよね。
    それが・・・残念です。
    クラウンや義歯など私費でするのはあると知っていましたが、
    治療自体が保険で出来ないのがあるとは、私も知りませんでした。
    でも、拗らせなければ、普通の治療は、まず保険で出来るのではないでしょうか。
     

  7. 白い花 より:

    洋子さん
    そうでしょう。私も良い先生だと思いました。
    でも、物事は最後まで分からないものですね。
     
    このコスモスの写真は、普通の1眼レフで、レンズは望遠で撮りました。
    5,6年前のものです。
    デジカメの1眼レフが欲しいのですが、重いのは脚に堪えるので、
    最近はもっぱらデジカメの”お任せ”です。
    夫には、その方が綺麗に撮れていると言われています。
    洋子さんは確かデジカメの1眼レフをお持ちでしたよね? いいなあ!

  8. 白い花 より:

    ハクションさん
    いつも読んで下さっているのですね。有り難うございます。
    私も不安はあるのですが、まな板の鯉です。
    でも、今までの歯科医では、私の主観だけでした。
    「これで、良いですね」 と言われて、形をとりクラウンや部分入れ歯を作っていたのです。
    それで合わなければ、私の責任でした。
    今度の先生は、先生の客観プラス患者の主観という感じで、
    今までの方法に比べれば、遙かに良いのではと思っています。
    技術的にはそういうことですし、人間的にも穏やかです。
    患者に安心感を与えるような態度、説明の仕方をして下さるのも、今までの先生とは違います。

    通い出して4カ月ですので、私としては当分任せるしかないのですが。

  9. Nami より:

    今回の内容は、話を聞いてくださるいい先生に出会えた感じですが。。。
    ハンサムだそうだし*^^*
    でも、<つづく>というあたりが、なにかが起こりそうですね。
    それにしても、今まで治療費がずいぶん掛かってますね!@@

  10. 白い花 より:

    namiさん
    優しそうでハンサムに見えたのですよね。
    ワラをもつかむ思いだと、そう見えるのかも・・・
    治療費あんなものではないのですよ。交通費もバカにならなくって。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中