歯科治療8年の苦労ばなし  35

 
                P1000290
  今回の写真は、先日、ランチを食べた野菜料理バイキングレストランで写したものです。
 
レストランではサラダコーナーを1枚パチリで、撮影は駄目と注意され、メインディッシュの
 
写真は残念ながらありません。売店で有機野菜や花の苗などが販売されていました。
 
 歯の方は、まだ次の歯医者が決まりません。ちょっとイライラしています。
 
 今週も、第十六章 大学付属歯科病院 の ”十 どんでん返しの人生設計” です。
 
                                  

 
 
 
                  「歯科巡歴の記ー蟻地獄に落ちた」
 
 
    第十六章  大学付属歯科病院
 
             十  どんでん返しの人生設計
 
 恐怖はずっと続いていた。通院途中、電車を待ってプラットホームに立っているのが怖い。
 
これ以上気力がどこまで保つのだろう。死にたいという気など微塵もないが、もう嫌になって、
 
ふっと電車に飛び込むのではないか。そういう自分の状態が怖かった。
 
                                            
 
 友人二人、病気の種類は違うが、同じような経験をしたと話してくれた。
 
「背中をちょっと押されたら、来た電車に飛び込んでしまう。紙一重の差で生きている。
 
そう感じてた」
 
「そう、ほんと紙一重って感じ」
 
「そうやなあ、解るわ。私ね、病院の帰り、次の新幹線に飛び込もうと列車を待ってたら、
 
一つ前の駅で飛び込み自殺があって、列車が遅れたことがあった・・・・・・。
 
飛び込んで生き残った人の話を聞いたこともある。後悔してるって」
 
「衝動的な自殺って、あるんや」
 
 その友人二人も痩せ細っていた。
 
「細くて良いねって言われると腹がたてへん? 痩せたくて痩せてるんと違う、
 
と言ってやりたいわ」
 
「ほんと、そう。食欲がないなんて羨ましいって、平気で言う人がいるでしょう?」
 
 同じ経験を話し合えるというのは、何にもましてストレスの発散になる。
 
「でも、ご主人や子供さんでなくて、良かったわね」
 
「本当に、これが夫や子供達でないのが有難いと思う」
 
「もし、ご主人やったら仕事に差し障り、家族が食いっぱぐれる。
 
働き蜂は元気でいてもらわんと」
 
「それに、もし子供達だと、若い時期に何年もこんなことに煩わされるのは、
 
後々の人生にまで影響があるかもしれないし」
 
 私で良かった。人生の大半を終えたこの時期の私で良かった。第二の青春が不意になっ
 
たが、第一の青春、人生のメインステージは終えている。三人の子供達は、なんとか世に
 
送り出した。
 
 それでも、列車の近づく音は、恐怖だった。
 
 プラットホームで列車に飛び込むという発想はどこから出てくるのだろう。友人二人も私も
 
同じことを考えた。ビルから飛び降りる。紐を天井にかけて首を吊る。そんな違った方法を
 
思い浮かべる人もいるのだろうか。
                                                       
 
 五軒目の歯医者での悪夢のような出来事は、他の歯医者のミスとはまったく質の違うもの
 
った。私の人生設計を大きく変えてしまった。
 
 歯列の歪み。舌、喉、顎や首周辺、更にお腹から脚までの筋肉の引き攣り。鼻と口の間の
 
違和感。歯の治療が終わったとしても、それはたぶん治らない。発音と息継ぎが満足にでき
 
なければ趣味の朗読はもう無理なのだ。諦めなければならない。食事が満足にできないこと
 
も重大事だが、このことのほうが私には精神的に大きなショックだった。歯医者を恨んでも
 
恨みきれない。
 
 朗読は小学生のころからの趣味だった。子供達が幼いころ、毎晩、一時間から三時間、
 
本の読み聞かせをしていた。子供達のためというより、まったくの自分の楽しみだ。発声の
 
仕方がよくない。三人目の子供が乳離れした三十代半ばから朗読の講座に参加して喉を
 
鍛えた。歯切れ良さ、メリハリが大事。そのためには音感とリズム感が良くなければ。
 
声楽レッスンにも通った。子供達にまだ手がかかるので、趣味の域を出るものではなかっ
 
たが、かなり入れ込んでいた。いずれ子供が成長したら朗読の先生の主宰する劇団に入れ
 
てもらおう。内心密かに目論でもいた。
 
 やっと、三番目の子供も大学入学、下宿生活。我家は私達夫婦と愛犬だけになった。
 
 万歳! 老後は朗読三昧だ! 
 
 張り切った途端の出来事だった。朗読どころか、“歯医者三昧”になった。歯医者以外にも、
 
後遺症のために、大病院の歯科、耳鼻咽喉科、呼吸器内科、整形外科、一般外科、
 
循環器内科、神経内科、麻酔科と、医者尽くしもいいところだ。
 
 出産以外入院したことはない。大した病気もせず、盲腸も今だに大事に持っているという
 
のに。あんまりだ!
                                                                                         
                             手前の白いケーキのようなのは、おからのサラダです。
 
 老後にと楽しみにしていた時間、エネルギー、お金が、歯医者へと流れていく。私の人生は
 
老後に苦労が来るようになっていたのだ。
 
 治療費は馬鹿にならない。歯の治療に毎年、三十万円から五十万円が必要だ。自費の
 
義歯代とかではなく、純粋の治療費と交通費だけである。それまでは十万円を超える医療費
 
など考えられなかった。どうしたら確定申告のとき医療費控除を受けられる額になるのだろ
 
と、不思議なくらいだった。しかし、病気をすると、思ってもみないお金が要るということが
 
分かった。老齢になればなるほど、あちこち故障して病気も多くなるだろう。若い時に無駄使
 
してはいけない。手遅れだが気が付いた。                                                                                                                         
 良いこともあった。                    
 
 歯の痛みのために集中力に欠け読書もままならない。もちろん朗読もできない。その状態
 
楽しめることと、生け花を習い始めた。前から日本式の“御生花”を生けてみたかった
 
花を生けるのは好きだが、こんなことにならなければ習うことはなかっただろう。師範免状
 
貰った。今までの人生で覗いたことのない世界を経験できた。出会ったことのない種類の
 
人達と知り合えた。女ばかりの集団だ。更年期のおばさんの苦労を親身になって慰め
 
くれた。
 
 歯の治療が巧くいかず落ち込んだとき、歯の痛みが治まらないとき、花を生けるの
 
大きな慰めになった 
                                        
 
 本当に有難いことがある。友人に恵まれたと感謝している。   
 
 友人達は私のくだらない愚痴を何時間も聞いてくれた。それ以上痩せてはいけないと、
 
私の歯でも食べられる柔らかくて美味しそうなものを送ってくれる人もいた。
 
 歯の診察日を覚えていて、その翌日には電話をくれる。
 
「どうだった。うまくいった」
 
「ありがとう。まあまあ。長電話になるから、こちらから、かけ直すわ」
 
「いいわよ。電話代くらい気にしないで」
 
「じゃあ、スプリントを外すから、ちょっと待ってくれる」
 
「長く話していると、顎は痛くないの」
 
「うん、手で顎を押さえながら喋っているから大丈夫。痛くなったら電話切るから」
 
 ここまで保ち堪えているのは肉親はもちろんだが、友人達のおかげである。
 
 外見では判らない病気や痛み、病名が付かない病気、治療法がはっきり分かっていない
 
病気などは、他人にはなかなか理解してもらえない。
 
「不眠症で寝てないなんて嘘よ。夜、寝てないだけで、昼、なにもすることがない暇人だから
 
寝てるに決まってるわ」
 
「そんな長いこと歯医者に通って、ひまですることがないから好きで行ってるだけでしょう」
 
「暇と金があるから、そんな長いこと歯医者に通えるんや」
 
 そんなことを言われて落ち込んでいても、それ以上に慰め励ましてくれた。
 
「誰が言うの、そんなこと。好きで何年も歯医者へ行く人がいると思う? ほっとき、そんな人。
 
自分自身がそうやから、そう言うんよ。所詮、人間は自分の価値観でしか発想できないって
 
ことやわ」
 
「真夜中でもいつでも、聞いて欲しいことがあったら電話してね。遠慮しなくて良いよ」
 
 私のために友人達は、どれだけの時間とエネルギー、そして電話代を使ったことだろう。
 
逆の立場だったら、私はどれだけのことをしてあげられるだろうか。
 
「本当に有り難う。迷惑かけてばっかりで、なんにもお返しできなくて」
 
「お返ししようなんて思わないで。困っている人に出会ったときに、私へのお返しだと思って、
 
その人にしてあげて」
 
 この言葉を素直に受け止める。こんな友人達を持てたということは、私の人生も満更では
 
なかったようだ。                                                                 
 辛いこともあった。交友関係を絶った人もいる。      
 
 来るものは拒まず去る者は追わず方式で八方美人だった。もともと無理をして付き合って
 
いた人もいる。自分に余裕があるときは、少々のことがあっても、やり過ごすことができる。
 
全力で踏ん張っていると、それができない。センスが違うからだろうか。善意で慰めてくれる
 
言葉なのにカチンとくるのだ。
 
「こんなメール、私だってムッとくるわ」
 
「やっぱり? 人間を善人と悪人に二分するんじゃないけど、相性が良い悪いはあるよなあ」
 
 友人を作るよりも切る方が遙かに難しい。が、どうしても私が立ちゆかない。申し訳ないと
 
迷ったが、相性の悪い人は切った。人生のターニングポイントは、とっくに過ぎている。
 
人生残り少ない。もう無理をしてまで付き合うこともないだろう。気の合った者同士、楽しくい
 
たい。良い意味でも、悪い意味でも、いさぎよくなった。
 
 起きてしまったことは仕方がない。五十歳前半までは、まあまあ真っ直ぐ来た。この辺で
 
一度くらい、蛇行しても、急カーブを描いても不思議はないだろう。
 
                                                                              つづく
 
広告
カテゴリー: 健康 パーマリンク

歯科治療8年の苦労ばなし  35 への34件のフィードバック

  1. パンチ より:

    飛び込んで後悔しても遅いけど、よく助かった、足か手なくなったんだろうな、義歯代たかいよね、名前インブラントだっけ、保険きかないし、僕はそれほどのやってないけどね。

  2. 洋子 より:

    本当に友達の存在って大きいですよね。自分一人で悩んでいたと思っていたことが実はみんな大なり小なり似たような経験をしていてその時のお互いの状態を話し合っていると一人じゃないんだ、と気持ちが幾分軽くなりますもんね。おっしゃるようにどうにも相性が合わない人ってるのですよね。そういうのってどうにか出来るものではないから、やはりかかわらないでおくのが一番なのでしょうね。

  3. booo より:

    白い花さんの人柄が、すばらしい交友関係を築けているんだろうな~って、いつも読んでいて思っています。 そして断ち切るのって凄く勇気が必要だけど凄く大事な事だと思います。 もちろん自分の身勝手で一方的な考えではいけませんけどね。「プラットホームに立っているのが怖い・・・」 こういう思いで立っている人ってどれくらいいるんだろう、、、意外と多いのかもしれませんね。。。自分はおそらく白い花さんからすれば、まだまだ子供かもしれませんが何度も何度も急カーブだったり、ショートカットしようと思ってとんでもない遠回りだったりと、まっすぐに来ていませんよ! (;^_^A

  4. hulala より:

    こんにちは自分に素直に生きる、ことは難しいことですが、今はhulalaも世間様より自分を一番に考えています。ほんとの友人と言える人は数少ないけど、いるというだけで心強いですよ。先日一人の人が歯医者の薬を飲むと頭がもやもやして集中力がなくなる、と云っていたので歯医者があなたに合わないのかもしれないから医者を変えてみたらと話したところ歯医者は合わないはずがないと云っていたそうです。医者は強いんですね。

  5. main より:

    町内会です。相性はありますね、もう自分の好きに生きていいかと。私も町内会を卒業したら、そうするつもりです。老後は自分中心で、他人に迷惑さえかけなければ「良し」ですね。歯との格闘・・・お疲れ様です。

  6. じばこ より:

    人の痛みが分からない人って多いですよね~同じような立場にならないと、本当の理解、アドバイスは出来ないけど、聞いてあげるのも相槌打ってくれるのも、落ち着くのですよね。そんなお友達がいる白い花さんも、心底優しい人なんだ~そうです。更年期以降、八方美人を止めた人が多いですね。疲れるんですよね。「気がついたら、お友達が少ないの~~~」と、言い合ってます–;

  7. ぷち より:

    こんにちは・・(^-^)お友達、大切ですよね・・・私は以前、椎名誠の大ファンで(夫とは正反対のタイプでしたが・・(*^_^*))たくさんのお友達に囲まれて、のびのびと好きなことをしているところに憧れていましたが彼も、ある時白い花さんと同じように・・もう気の合う友達以外は要らないと言っていました。やっぱり、無理をして人に合わせるのは疲れますよね・・・おかげさまで、今私の周りは気の合う方ばかりです・・・(*^_^*)

  8. Jasmine より:

    ご無沙汰しています。人生とは本当に不思議な物ですね。いいことも悪いこともあって、悪いことが起きてもその中にちょっとだけ、いいことをちゃんと含ませてあるんですね。朗読が小さい頃からの趣味だったのですね。なかなか何時間も読み聞かせ出来る物ではないです。私は毎晩、読み聞かせをしていますが、30分くらいでギブアップ。長い話は数日に分けてしまいます。本当に友人の存在はありがたいですね。

  9. Misa より:

    こんばんは☆今回は今まで以上に会話の部分が多くて、そしてそれらがとてもリアルでした。歯の治療によって、無くしたもの、得たもの…お友だちとのやりとりは、本当にこころに響きました。私もまわりに支えられて生きているっていうことを、改めて感謝しながら考えました。

  10. ひだまり☆☆ニコニコ より:

    白い花さん、おはよございます^^(*^o^*)オ (*^O^*)ハ (*^。^*)ヨー!! ひだまり、白い花さんの日記を読んで胸がキュンとなり涙がこぼれました。ひだまりは自分のワガママで大切な人を傷つけてしまいました。幼い頃からワガママなんて言ったことはなかったのに、大切な人の優しさに甘え、相手の心も考えないで、、、(><)いつも支えてくれる大切な人、ひだまりにとってかけがえのない人のこと、今度はひだまりが支えられる人になりたいと思います。白い花さん、大切なことに教えて下さって、どうもありがとうございます☆

  11. main より:

    町内会です。明るい話題をば、「おくりびと」がアカデミー賞外国語映画部門で受賞しました。wowowで今実況放送中です。

  12. ミッキー・フォール より:

    こんばんは~!お友達との電話で、困った人がいたら、自分の代わりに良くしてあげて・・・思っていても、なかなか言葉にできないものです。白い花さんとお友達との信頼関係が分かり、胸にじんときました。生け花の師範とは凄いですね!私は、花を撮ることが好きなのですが、どうすれば綺麗に写るか・・・あれこれ考える時間はとても楽しいです!

  13. 乙女 より:

    相性の合うお友達がいて辛い時などは癒されますよね^^)お花との付き合いも白い花さんを支えてくれているようで、辛い話なのになぜかホッとしました(^0^*)

  14. Chi より:

    こんにちは。生け花の師範になられたんですね。凄い!!お花が好きな人、大好きです^^心強いお友達に支えられて、お花に囲まれて。。素敵ですね~。

  15. たんぽぽ より:

    こんにちは。治療費ってすごいかかるのですね。大変ですね。レストランの撮影はダメだったんですね。私も1度だけ、料理はいいけど、メニューはダメと言われたことがあります。今は外で歩いていてもお店で食事をしていても、携帯やデジカメで撮影をしている人が多いですね。

  16. main より:

    Amazonで「おくりびと」出てるみたいですよ~(*^-^*)。

  17. main より:

    Oldiesは昔(?)のよき時代・・・実は物の無い時代・・・を思い出させてくれますね。昨夜も目の治療ミス(感染症)のニュースが流れていましたがお医者さん選びって本当に難しいですね。ご自愛ください。

  18. 白い花 より:

    猫 パンチさん後悔は後でしかできないものだし・・・歯って高く付きますね。ほんとうに!

  19. 白い花 より:

    * 洋子さんお若いにの、悟りが早いですね。私は、なんか駄目で、誘われるとずるずると・・・

  20. 白い花 より:

    boooさんごく労なさっているのですね。私は、今まで精神的に落ち込んだり悩んだりというのは、もちろん、それなりにありましたが、肉体的に痛いとか痒いとか、その治療が巧くいかないとかで、こんなに長い期間、心身ともに苦しんだことはなかったものですから。四六時中痛いとか、痒いとか、そういうのって、どうしようもありませんね。

  21. 白い花 より:

    hulalaさん自分に素直に生きる。世間様より自分を一番に考える。これって、出来るようでなかなか出来ませんね。私も自分の感情にもう少し素直になろうと思っています。つい良いかっこして、感情を抑えてしまう傾向があるような・・・

  22. 白い花 より:

    Elwood mainさんそう思われますか。そういう年なのかも知れませんね。同じ思いの方がいらっしゃるのは、心強いです。

  23. 白い花 より:

    U-・-U 爺婆仔さんそうなんですか。私だけではなかったのですね。安心しました。私は歯のせいで許容力が小さくなって来ているのかと思っていました。年のせいもあるのですね。

  24. 白い花 より:

    pさん私だけではないというのが解って、ホッとしました。無理しなくても良い、疲れることは止めようと、後ろめたさなしに思うことが出来そうです。

  25. 白い花 より:

    ☆ Jasmine☆さん転んでも、なにか落ちているものを拾って起き上がることが出来るようですよ。朗読は子供のためというより、単に自分が好きだからです。子供達は迷惑だったかも知れません。

  26. 白い花 より:

    ♪ Misaさんこの10年程は、歯医者通いが人生勉強そのものという感じです。人間関係が一番の財産ですよね。

  27. 白い花 より:

    ☆ ひだまり☆☆ニコニコさんひだまりさんは、優しい人ですね。あまり良い人になろうと無理しないでくださいね。自分感情をぶつけることも、大事なことだと思いますよ。私は韓ドラファンなのですが、なにが良いっかって言うと、思いっきり感情を出して、言いたいことを言って喧嘩するところが、なにより良いです。女の人がつかみ合いの喧嘩をして、その後仲直り出来るのですよね。それって羨ましいと思いません?

  28. 白い花 より:

    ☆ ミッキー・フォールさん私もあの言葉を聞いたときには、我が友ながら凄い人だと感激しました。花は不思議ですね。1輪でもあるだけで、その場が明るくなって、癒されますよね。

  29. 白い花 より:

    昔の 乙女の部屋さん痛い、苦しい、辛いと思いながら、その反面、有り難くて、嬉しくてという日々です。辛いときほど、人の温かさが解って、嬉しさが何倍にも感じられるような気がします。

  30. 白い花 より:

    K Chiekoさんお免除は飾りみたいなものです。実力はぜんぜんです。好きの横好きって、言いますよね。考えてみると、生活は優雅になりました。

  31. 白い花 より:

    たんぽぽさんどんな病気でも、こじらせて長期になると、時間もお金もかかるのでしょうね。今までの治療費で世界旅行が何周出来たかと、悔しくなるときがあります。言っても詮ないですが・・・

  32. 白い花 より:

    Elwood mainさん昨日の眼のニュース、私も見ました。ずさんですよね。利潤追求のために大量に作り置きして、古いのを捨てずに使っていたって感じですよね。映画のDVDですが、私はレンタルショップで借りてみます。ケチっています!?レンタルになるのは発売から6カ月後なのですよね。

  33. もん より:

    歯の治療にはかなりお金がかかるのですね。私は臆病者なのでなかなか治療にいかれません。虫歯も痛みが無いのを幸いにずっとそのまま放置してます。近所には歯科医院がいくつもあるのですが腕のほうが心配で・・・。パンジーきれいですね~。実家の祖母も毎年新しい苗を買って来て庭で育てています。

  34. 白い花 より:

    歯の治療はけっこうお金がかかりますよ。叔父が昔、入れ歯に100万円要ったとか言っているのを聞いたときは、そんなと思いましたが、それくらいでは済まないことも多いみたいです。ちなみにインプラント1本40万円前後が相場だとか。虫歯にならないように歯磨きするのみです!それとちょっと不満に思っているのですが、歯の治療は、私の入っている民間の保険などから通院手当などは出ません。他の病気だったら支給されるのに!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中