歯科治療9年の苦労ばなし  58

 
         P1000290
 
 今週も我が家の庭の花、ノボタンです。日陰が良いらしくて、日当たりの良いところに置く
 
と元気がなくなります。
 
 歯の方は、月曜日に病院へ行ってきました。その2日前に左のプラステチィックの部分入
 
れ歯が割れました。それと、右下の金属のクラウン1本がないのに気がつきました。知らな
 
いうちに外れて、たぶん食べてしまったようです・・・あー! そして、月曜日に新しく入れ替
 
えてもらった右下の金属のクラウン(食べてしまったクラウンの横)を、水曜日にフロスを引
 
っかけて外してしまいました。あーあー! 慌てて拾って、被せたのですが、どうしよう。
 
セメントで付けていないと、また外れて食べてしまうかも・・・。病院でセメント付けしてもらわ
 
ないと。
 
 今回も、まだ第一章です。”11 新年は大吉 ”です。(この新年は2007年のことです)
 
               
 
 
      「歯科巡歴の記―歯科からの帰還」
 
 
   第一章  二人目の主治医
 
 
         十一  新年は大吉
       
 再治療後に立てたポールは真っすぐ立っているのに、ブリッジの仮歯はすぐに外れた。
 
脚になる歯が揺れているためらしい。以前同様、仮歯の付けなおしに救急外来へ何度も行く
 
ことになる。
 
 
 
 また、一年が過ぎようとしていた。この病院へ来て四度目の年の瀬だ。
 
 主治医の付けた仮歯が当然のように外れる。救急外来へ行く。
 
 年末年始は病院も休みで、外れても付けなおしてもらうことができない。少しでも長く保って
 
欲しい。救急の歯科医は、どこかのグループのナンバー2だろう。若いが新米の研修医では
 
ない。だいぶ前から、この診察室で見かける。
 
「奥歯の生える角度がちょっと内向きで、歯の噛み合わせ面の勾配が、普通とは逆になって
 
いますよね。だから巧くいかないのですよ」
 
「そうですか。以前にも開業医で同じことを言われて、
 
左上奥歯二本のクラウンを作り替えたのですが」
 
「まだ、おかしいですよ」
 
  五軒目の歯医者の大きすぎる仮歯のミスで歯列が動き、上の奥歯が舌側に傾いている。
 
それで、上奥歯の咬合面の勾配が普通とは逆になっているのだ。下奥歯のクラウンを作るの
 
苦労するのは、それも原因の一つなのだろう。
 
 正常な状態では、上奥歯の咬合面は水平ではなく、舌側よりも外側のほうが少しだけ上に
 
なって、水平面に対し斜めになっている。上の歯が舌側に傾くと、外側が下がり、舌側が上が
 
る。傾きが大きいと、舌側が外側よりも上になり、咬合面の傾斜が逆になってしまう。
 
 下奥歯の咬合面は、上とは逆に舌側が外側より少し低くなっているのが正常らしい。上の歯
 
勾配だけが変わると、下の歯とは巧く噛み合わなくなる。七軒目の歯科医も同じようなこと
 
言って、模型を見せて説明してくれた。それで、七軒目で左上奥歯クラウン二本を作りなお
 
た。だが、治っていないようだ。
 
 今回は左側のことだが、右側下奥歯のクラウンを作るときにも、救急の他の歯科医に右上
 
奥歯のことで、同じことを指摘された。右下のクラウンは巧くいかず、そのままになっている。
 
「だからですよね。今の仮歯は上と巧く噛み合っていないように感じます。
 
上下の歯の外側だけが届いて、舌側は届かずに隙間ができています。上下の歯のあいだに
 
楔形の空間があるのです。私には分かるのですが、外からは見えないらしくて……」
 
「ああ、そうでしょうね」
 
「主治医に説明しても、取り合ってもらえませんし。でも、この何年かを考えると、他のことでも
 
私の感じたことが、やっぱり正しかったという結果になっていると思うのですが……」
 
「そりゃあ、そうでしょう。本人の感じたことが基本ですから。間違いないでしょう。違うことも
 
ありますがね。とにかく患者さんは、ご自身が感じたことを、なんでもそのまま仰れば良いの
 
です。患者さんの訴えをきちんと聞いて、それから取捨選択をして判断するのが、
 
僕ら医者の仕事ですから」
 
 ああ、そうなのだ。この人は若いけれど、もっともなことを言う。こういうのは年とは関係ない
 
のだ。患者の訴えに耳を貸さず、怒鳴り声で話を中断するようなことは、きっとしない人なの
 
だろう。
                               
 
 付けてくれた仮歯は二週間外れなかった。年末年始を無事に過ごすことができた。
 
 なんだ。歯が揺れているからすぐに外れるという説明だったが、やっぱり付け方の上手下手
 
があるのだ。これで上手な先生二人目だ。良く顔を覚えておかなければ。新年を迎えて、今年
 
運が向いてきたのかも知れない。
 
 歯がこじれだしてから、柄にもなく初詣で必ずおみくじを買うようになった。毎年、努力すれ
 
ばとか、辛抱が大事だとかの小吉や中吉だった。ところが今年は大吉だったのだ。年末年始
 
にかけて調べた矯正の検査の結果が、まだ出ていないときだ。きっと、良い年になると期待し
 
ていた。
                                      
 
 ところが、新年早々、予約の診察日直後、また仮歯が外れた。
 
 救急外来へ行く。新米の歯科医ではないと電話で確認していた。
 
「こんな治療の仕方では、いつまで経っても治らんで」
 
「えっ!?」
 
「前歯一組しか上下が噛み合ってないやろ。ヤジロベエみたいな状態や。安定して両奥歯が
 
噛み合ってない。そんなん、奥の仮歯は上の重しがないので簡単に外れるで」
 
 私の歯は五軒目の大きすぎる仮歯のミスで歯列全体が歪み、上下噛み合う歯が前歯一組
 
だけになっている。歯が前後左右に水平移動しただけでなく、横に傾いたり、前歯は外側にも
 
傾き、さらに奥歯は舌側に傾き、押されて歯が歯茎から飛び出て高くなった歯まである。
 
上下すべての歯の噛み合わせが、ガタガタに狂った状態なのだ。
 
 試しに口を開けてから口を閉じながら、上下の歯を近づけていくと、真ん中から右に二番目
 
前歯だけが上下届く。矯正科の歯科医は、「それも本来の正しい噛み合わせではなくて、
 
全部の歯が噛み合わない状態になっているのでは」と、言う。大きな仮歯のミス以前は、
 
もちろん、そんなことはなかった。
 
 
 
 歯科医はヤジロベエみたいと言ったが、本当にピッタリの表現だ。言っている内容も、
 
まったくそうだと納得できた。
 
「でも、まだ右側の金属のクラウンもできていませんので……。
 
まず、右側がきちんとしたものに完成しないかぎり、左側を金属のクラウンにすることは
 
できないと、主治医からお聞きしています」
 
「それでは、いつまで経っても、でけへん。治れへんで。両方ともだいたいのをまず作って、
 
ある程度は噛み合わせを安定させ、それから、また、きちんとしたのを両方とも作り直すと
 
いうようにせんとなあ」
 
「はあ……」
 
 私も同じように考えたことがある。主治医に尋ねたが、まず片方を完成させるという答だっ
 
たのだ。
 
 ここまではっきりと、こんなことを言った歯科医は今までいなかった。「これではねえ」と口を
 
濁した若い歯科医はいたが、断言はしなかった。
 
「それにしても、仮歯もせめて二、三週間は付いてんとなあ。
 
今日は、三週間は大丈夫なように付けたるからな」
 
「ええ、ぜひ、お願いします」
 
「僕が替わってあげても、ええけど、僕も月に一回しか診られへんしなあ」
 
「はあ……」
 
 ここまで言うには、よほど今の治療はなっていないということだろうか。それに、月に一度の
 
診察ではきちんと面倒を見られない、治すのは無理だということのようにも受け取れる。
 
その歯科医のことを詳しくは知らないし、予期しないことだったので、その場で替わってくだ
 
さいとは言えなかった。ただ、今の主治医への不信感が、さらに増した。
 
 付けてくれた仮歯は初めはきつく感じたが、何日かすると圧迫感はなくなった。そして驚い
 
たことに、二、三週間どころか二カ月間も外れなかったのだ。
 
 去年の二人目の若い歯科医から続けて、これで三人目の大当たりだ。歯が揺れていても、
 
付け方しだいで大丈夫なのだと心強くなる。
 
 おかげで、救急外来へ行く必要がない。予約の診察時に、左側のブリッジの仮歯に余分な
 
時間をさくこともない。右側のクラウンを作りなおす作業が、はかどった。
 
                                
 
 右側のクラウンは二年前にも三度作りなおしている。しかし、なかなか巧くいかず、上下の
 
歯が届かないままになっていた。左の歯根の再治療が無事終わり、あとは順番にクラウンや
 
ブリッジを作っていくだけになっので、また作り直すことになったのだろう。
 
 前に金属の仮歯のクラウンを作ってから二年が過ぎたので、また保険で作れるというのも
 
要因の一つかも知れない。だが、そんな理由で二年もそのままで放置されていたのだとした
 
ら、口惜しい。保険で作って巧くいかなかった場合、それは患者の責任ではない。合うまで作
 
のが歯科医の責任ではないのか。「これを持っていれば、合うまで無料で作ってもらえます
 
からね」と、助手の歯科医が紙切れをくれたではないか。
 
 どちらにしろ、上下の歯が届かない状態で二年も放置するのは、悪い影響はあっても良い
 
ことは一つもない。歯列はますます歪み、噛み合わせは乱れるばかり、顎関節にも良くない。
 
これ以上状態が悪くならないように、一刻も早く、上下の歯が届いて噛み合うクラウンを被せ
 
て欲しい。
 
 それが、もう目の前なのだ。おみくじの大吉はだいじに財布に入れてある。
 
                     つづく

 

 

 

 

 

 

 

広告
カテゴリー: 健康 パーマリンク

歯科治療9年の苦労ばなし  58 への17件のフィードバック

  1. パンチ より:

    上手な医者に巡り合えたのかな・??

  2. じばこ より:

    中には、こんな上手な医師がいるのに、容易に変えることは出来ないんですものね。どんなに、はがゆかったことでしょう(|||_|||)!これは、二年半前になりましたね。しかし未だ、外れたり、治療済みのが無くなったり(?)と、不完全なんですから、、、可愛そう過ぎます–;以前は、治療した歯が外れるのはしょっちゅうでしたが、クロスで磨いて外れるなんて、最近はないですね~

  3. ぷち より:

    こんにちは…(^_^)私、数年前からおみくじ怖くて引けなくなりました…凶を続けて引いて、なんとか凶から抜け出そうともう一度引こうとしたら…神社の人に「もう、辞めときはったら?」と言われ泣きそうになったことがあり、それ以来…(:_;)そして今年、久し振りに思い切って引いたら末吉でした…(#^^#)白い花さん、これから段々良いお話になってくるのかな…(^^)ようやく上手な先生に巡り逢えてちょっと期待してしまいます。

  4. 乙女 より:

    先生によって違うことを言われたら何を信じたら良いのかしらねえ~患者に耳を傾けてくれる先生に出会えたようで、また診察時に会えると良いわね^^

  5. sakura より:

    こんばんは。仮歯がとれてしまうってこと、あるのですね…最近虫歯治療に行っていますが、仮歯が二度もとれてしまいまいした。二回とも歯科助手がやったことで、もうその人にはやってほしくないのですがはっきりと言うには勇気が要りますよね…白い花さんとは程度が違いますが、初めての経験でした。町医者では歯科衛生士が多くいるところが良いと聞きましたがどうなんでしょうね…

  6. abend より:

    ノボタン 我が家の実家にも私が植えました。もう咲く時期なんですね^^大吉効果期待ですね。

  7. main より:

    こんばんは~♪↓の旅行記、良かったですね~(*^-^*)。通訳兼運転手さん 日当50$=5000円?めちゃ安いです、物価が違いすぎます。大吉効果は今年いっぱいでしょうね、いい歯医者さんが見つかるといいですね。御苦労されてる様子 辛いのは患者だと判って 多くの患者さんを中途半端な治療して稼いでいるだけの歯医者に見えちゃいます。医者は信用、「○○歯科医師」さんで治療したら きちんと治してくれたと言う評判も立ち それが繁盛する元になるはず。真剣に、そこを考えてる歯医者さんは少ないんでしょうか?(大いなる疑問です。

  8. たんぽぽ より:

    大変ですね。おみくじの大吉、よかったですね(^-^)すてきなお庭があって、いいですね。白い花さんが毎日、楽しく過ごせますように・・・

  9. 洋子 より:

    ノボタンがとても美しいですね。花もですが、葉も綺麗だなぁと思いました。歯科医によってこれほど違ってくるものなのですね・・・

  10. booo より:

    2年後の今も、クラウンに泣かされてるのですね。。。それと、部分入れ歯って割れる物なんですね。。。3歩進んで2歩下がるような進行状況なのかな・・・それでも進んでいれば、せめてもの救いですね!

  11. ひだまり☆☆ニコニコ より:

    おはようございます^^ 白い花さんがおみくじを大切にしまっておきたくなる気持ち、よくわかります。ひだまり、自分と同じ病だった比企理恵さんが全国の神社を廻り病を克服されたと言うことを聞いてから神社にはよく足を運ぶようになったのですよ。苦しい時や辛い時があったから、人一倍小さなことを幸せに感じたり、そのことを大切にしようと思うようにもなりました。白い花さんの強さと弱さ、ひだまりと似ているところがあります。歯の治療のことはよくわからないことが多いのですが白い花さんの書かれていることをネットで検索しながら読んでいます。2年もの間放置状態で今も悩みが消えていないって、白い花さんの口惜しさをお医者さんにしっかりとわかってもらえるといいですね。花はいつも私たちのことを癒してくれますね。これから咲こうとする蕾も愛らしいですね^^

  12. Misa より:

    こんばんは☆お医者さんによって、言っていることが違くなって、気分が上がったり下がったり。。。ただでさえ辛い状態だから病院に来ているのに、疲れてしまいますよね・・・そんなときにおみくじの大吉が出たら、いい方向に行くことを期待しますよね(^-^)お財布の中のおみくじが、白い花さんに幸せを運んでくれるといいな。お花もとってもきれいです(^▽^)♪

  13. main より:

    本人にしか判らないことって多いもの、医師は それを理解するのも仕事。知識だけの国家試験、見直す時期になってますね、医療に対する考え方を変えていく時期になるように これからも訴え続けて下さい。

  14. ちえみ☆ より:

    こんばんわ~大変ですね。。。私は親知らずを抜いたときに歯医者さんのミスで神経損傷してしまい左半分に舌の味覚がありません。もう慣れたけど左の舌は今でも少し、しびれているし味覚は無いままです。だから歯医者さん怖いです。。。(-_-;)

  15. ミッキー・フォール より:

    こんばんは~!二年もの間、上下の歯が届かないままで放置・・度を越えた辛さを感じます。。早く、噛み合せの出来るクラウンが完成すといいですね!私も、おみくじで大吉が出たときは、一年間は財布にしまっておきます。何年か前の正月に凶が出たときは・・さすがにビックリしてしまい、それ以来、初詣のおみくじは引かなくなりましたよ~!^^

  16. さんぽ より:

    きれいなのぼたんが咲いてますね。おみくじの大吉は今後の歯の治療に もたらされる事を心から祈ります。

  17. 白い花 より:

    皆さま、コメント有り難うございました。歯科医の腕にかなりの差があるというのにも驚いたのですが、歯科医によって、治療方針が違うというのにも驚きました。仮歯にも色々種類があって、後で調整のできないプラステイックは壊れにくいのかも知れないのですが、私の場合は足したり削ったりできるプラステイックの仮歯で、これは磨り減ったり、割れたりします。おみくじで凶が出たら、やっぱり怖いですね。きっと引けなくなりますよね。舌の左半分がしびれて味覚がないままなんて! そんな体験をなさったら、歯医者は怖いですよね。私も、舌の左半分の筋肉が引き攣って動かなくって、喉ちんこ?が斜め向いたままの時期がありました。うがいをすると、左側の水が動かないので、ビックリしました。歯医者の治療で、舌がしびれたり動かなくなったりというのは、少なからずあるのかも知れませんね。私の友人にも、そんな人がいます。麻酔の注射を間違って舌に打たれたとか言っていました。痛いのも、痺れたのも、味覚が無いのも本人にしか分からないですよね。わざわざネットで検索しながら読んで下さって、有り難うございます。なるべく、文の中で説明しようと思っているのですが、言葉足らずで申し訳ないです。3歩進んで2歩下がるようでも、前に進んでいるので、良かったと思います。植物、特に花は綺麗ですよね。ジャングルみたいな庭ですが、次々と花が咲いてくれて慰められます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中