歯科治療9年の苦労ばなし  82 

 
                P1000290 
 今日の写真もまたまた我が家の庭です。
 
 歯の方は前回、左下のクラウンを嵌めていただいた他にも、右上の奥歯二本のクラウンを
 
二年半前に付けていた古いものに戻していただきました。そのほうが口腔内が広くなって、
 
舌が歯に当たらないからです。以前からお願いしていたのですが、やっと、かないました。
 
この二年半は、いったいなんだったのでしょう。(紛らわしいですが、これは現在のことで、
 
下の話は2008年のことです)
 
 今回は、第三章 大学病院から民間病院へ の ”4 次は正しい噛み合わせを意識する”
 
です。                                            
                      
                                                ミニ柚子、鳥用に少し取り残しています
 
 
        「歯科巡歴の記―歯科からの帰還」       
 
  第三章  大学病院から民間病院へ
             四  次は正しい噛み合わせを意識する  
 
 
 
     スプリントを嵌めた直後は、劇的な効果があったので大喜びした。喉が開いて息が楽にな
 
   り、部分入れ歯に舌も当たらなくなったのだ。スプリントを付けると上下の顎の間が開いて口
 
   の中が広くなり、舌が横にではなく上に体積を伸ばすことができるためのようだ。首から喉奥
 
   にかけての筋肉の緊張が和らいだばかりでなく、全身の筋肉まで緩み、右股関節や脚の調子
 
   まで良くなった。
 ところが、しばらくすると違和感が出始め、顎関節まで痛みだした。それでも、スプリントを
 
付けないよりは、付けたほうがまだ不快感が少ないような気がする。
 
                                                                                                       
                                                                              五色椿
 
 追い打ちをかけるように、左肩後ろの筋肉も痛くなった。やっぱり治らないのだろうか。
 
大喜びした後なので落胆も大きい。また以前の不安が押し寄せそうだ。
 
 でも、一度は劇的な効果があったのだ。今までなかった変化があったのだから、希望があ
 
に違いない。筋肉の疲れが取れるときは、痛みや怠さを感じると言う。これは良い兆しなの
 
かもしれない。
 
 なんとか自分をなだめながら次の予約を待った。
 
 しかし、やっぱり不安だ。以前の資料を参考にしてもらったほうが良いのだろうか。三回目の
 
予約のときにも、これまでのレントゲン写真、顔写真を持っていくことにした。

                                                             
                                白椿の真ん丸のつぼみ。
                                                   白い点は牛乳の余ったのをあげたときに付きました。

 病院へは三十分も前に着いた。        
 
 スプリントは大きすぎて、付けると唇が閉じられないので、外出するときは持ち歩く。乾燥す
 
ると形が歪むと注意されているので、専用の水の入ったピンクのケースに納め、それをビニ
 
ール袋にくるんでバッグに入れていた。が、案の定、水が零れていた。レントゲン写真が濡れ
 
ていなかったのでほっとする。
 
「どうですか、調子は」
 
 歯科医がにこやかな笑顔で現れた。
 
「どうなることかと、こわごわだったのですが、付けたほうが遥かに気持ちが良いので
 
驚きました」
 
 まず、効果があって良かったことを事細かに報告する。
 
「でも、前に飛び出してしまった前歯一本と、左側上の歯何本かがスプリントに押されて痛く
 
なったりしました。スプリント全体としては、付けた翌日に違和感が出始め、二、三日過ぎた頃
 
からますます調子が悪くなって、付けたり外したりを繰り返して今日になりました」
 
 否定的なことを伝えるのは難しい。話し方にも気を遣う。この何年かの経験から、医者に
 
とっては良い気がしないだろうと思うからだ。
 
「そのうち外しても付けても顎関節が痛くなり……。外すと、左下の部分入れ歯が舌に触って
 
不快で、付けると舌が触れないので、付けてみたり……」
 
 私の否定的な話を、歯科医はにこやかな表情で聞いていた。
 
「不快になってきたのは下顎が動いて、噛み合わせが変わってきたからです。
 
これからも、まだまだ変化していきますので、変化に応じてスプリントを調整しなおします。
 
順調にいっていますよ」
 
 なんのわだかまりもない穏やかな調子で言うと、私の顎を手で支えて、例のガクガクを繰り
 
返した。
 
「ほら、こんなに右が上下開いています」
 
 以前から右側奥歯は上下が届いていなかったのだが、さらに上下の隙間が大きくなってい
 
た。左側の上下は届いている。大学病院の以前の治療では、左側が低いからと左奥歯を
 
作っていた。この歯科医の説明は、それとは反対のことを意味しているのだ。前に大学
 
矯正科で検査を受けたとき、矯正科の歯科医も同じことを言っていた。
 
「いびきの習慣はありませんよね? 歯ぎしりもないようですね」
 
「ええ、たぶん。眠っているときは大きな口を開けていると、いつも夫にからかわれています」
 
「スプリントを見ると、歯ぎしりはないでしょう」
 
 歯ぎしりをすると、スプリントに跡形が残るので判断できるらしい。私のには跡が残っていな
 
かった。
 
「では、下顎を後ろに引いた噛み合わせになるように、スプリントを調整します」
 
 えっ! またなの。
 
 今の状態よりも下顎を後ろに引いた状態での噛み合わせは、以前にも大学病院で試した
 
ことがある。そのときは喉が詰まりそうに苦しくなり、結局もとに戻したのだ。
 
 それを言っても今度の歯科医は私を説得しようとする。
 
「下顎を一番後ろまで引いて歯を噛み合わせた位置が基準なのですよ」
 
 私の両奥歯は削られて低いままになっていた。それで奥歯がストッパーの役目をしないで、
 
普通以上にグッと後ろまで下顎が引けてしまい、結果、喉が詰まって息が苦しくなるのではと
 
私は思っていた。しかし、素人がそんなことを言ったとしても、医者としては自分で試してみな
 
いことには納得するはずもないだろう。一度は思い通りにしてもらうしかないのだ。
 
 今回もスプリントを何度も付けたり外したりしながら、少しずつ削った。調整が終わったとき、
 
下顎が後ろに引っ張られるような感じはしなかった。左右の犬歯が上の歯列に嵌めたスプリ
 
ントと同じ力で噛み合い、奥歯も左右均等にスプリントに当たっているのが分かった。

                                                                          
 帰りぎわに受けた指示を聞いて驚いた。                     沈丁花
 
「スプリントを付けて左右の歯が均等に噛み合うこの位置が正しい位置です。スプリントを
 
けていないときは、下顎が左に少しずれた位置です。外したときは、この顎の位置になる
 
ように意識してください。気をつけないと、無意識に以前の位置で噛み合わせてしまいます。
 
意識したほうが、治りが早いのです」
 
「えっ!? はい、わかりました」
 
 前回までは、「自分では噛み合わせは分からないのだから、なにも考えずにポカーンと口を
 
けていれば良い」ということだった。だが、今度は違うのだ。下顎の位置、噛み合わせの
 
位置を意識して、正しい位置を維持しなければならない。頭でも体でも憶えなければならない
 
のだ。
 
「反応が早かったので、次回か、その次くらいに左下の親知らずと第二大臼歯を削って低く
 
します。この第二大臼歯のクラウンは高いし、歪んでいます」
 
「はあ……、でも……」
 
「ああ、これは自分の歯ではなく金属のクラウンですから、削っても大丈夫ですよ。
 
最後には、きちんとしたのを作りなおしますからね」
 
「ええ……」
 
「どうですか。今のスプリントの感じは」
 
「少し左顎が痛いです」
 
「歯がですか?」
 
「いいえ、顎の下の筋肉です」
 
「ああ、これ、胸鎖乳突筋ですね」
 
「前回もでしたがすぐ治りましたので、こんども大丈夫だと思いますが」 
 
「左側の筋肉が緊張しているのなら、左を下にして眠るのが良いですよ」
 
 体を横たえたとき、下になった側の筋肉が鍛えられると聞いたことがある。鍛えるということ
 
は筋肉が緊張するということではないのか。鍛えるのと緊張とはどう関係しているのだろう。
 
                                                                                            
 最後に聞きたいことがあった。                         ソテツの若芽
 
「ところで、先生、眠るときに右を下にするか左を下にするかで、
 
下の歯とスプリントの当たりかたが変わってきますよね」
 
「ええ、まあそんなに気にしなくて良いですよ。でも、まっすぐ上を向くのが本当は
 
一番良いですね」
 
「ああ、やっぱり」
 
 診察は終わったが、せっかく持って来たレントゲン写真などを見せるチャンスはなかった。
 
何枚もあるので重いけれど、次回からも毎回持って来ることにしよう。
 
 次の予約は連休のために三週間後になるが、そんなに先だと不安だ。
 
「そうですね。では一週間後と三週間後、予約を二回取っておきましょう」
 
 予約がすでに入っている人を外して、入れてくれた。
 
 今回の診察時間は一時間。料金は自費の三一五〇円。これでは儲からない。やっぱり金儲
 
け主義ではなく、重傷の人だけを治そうという意図の自費診療なのだ。 
 
 
 
 帰り道、首左横の筋肉、左肩から背中、腕にかけて怠さが気になる。
 
 首は半日もしないで怠さが取れたが、他はそのまま続いた。怠いというのは筋肉を使った
 
あとの筋肉痛と同じようなものなのだろうか。以前から残っている緊張が取れる兆しなのだろ
 
うか。
 
 スプリントに前回ほどの気持ち良さはなかった。下顎を後ろに引いた噛み合わせで調整し
 
せいか、やっぱり喉が苦しくなった。眠れなくて、何度も寝返りを打つ。うつぶせて寝ること
 
なくなったと思っていたのに、下を向いてしまう。食事のとき、よく咽せる。喉が気になり
 
咳払いをたり、つばを飲みこむ回数が増える。喉の奥がザラザラとした感じで、不快だ。
 
喉が狭くなって喉の奥の粘膜が上下触れるようにも感じる。
 
 次の予約が一週間後で助かった。これを見越して早く取ってくれたのだろうか。

                            つづく

                                    庭下駄は友人からのプレゼント
 
 
 
 
 
広告
カテゴリー: 健康 パーマリンク

歯科治療9年の苦労ばなし  82  への14件のフィードバック

  1. ポポちゃん より:

    治ったのかいうより少しマシになったのかと思ったらやはり元のもくあみですか。ん~・・・(\’;\’)

  2. sakura より:

    おはようございます。お庭の日差しが穏やかな風景を思わせますね!自然に囲まれた生活に憧れます。歯の方は順調のようで、よかったです。いい先生に出会えて一安心!大学病院って一体何なのでしょう… 結局患者は実験台?って気がします。

  3. booo より:

    なかなか思ったように前に進まないようですね。。。ノドが圧迫されて違和感があるのは、とても気になるはず。。。辛いですね。現在の状況も、少しずつ焦らずに前進といった感じでしょうか。

  4. ちえみ☆ より:

    おはよ~凄いもんですね。歯の調子がよくなると肩や腰や全ての体に関係するんですね。少しずつ少しずつですね。お庭の花、かわいいですね。それに素敵なお庭ですね(^_^)v

  5. アカショウビン より:

    歯の治療は、良い医師との出会いが全てという感じがしますね^^私も、こちらで流行っている所より、あまり人が居なくて、平日の夕方でもすぐに診てもらえる所へ行ったら、手際も良くて、通院回数も少なくて、今まで何だったんだろうと思って、それ以来、同じ所へ行っています^^

  6. mako より:

    こんばん~~は^^お庭にはこれからの花達が蕾で^^楽しみですね何かいい出会いと思いましたがなんか雲行きが怪しく・・・・・とても大変なことですね^^;庭下駄いいですね^^

  7. hulala より:

    こんにちは椿のつぼみが楽しみですね~。沈丁花ももうすぐ良い香りを放ってくれますね。昨晩は雪が降りましたが5センチくらい積もりました。我が家の沈丁花も同じくらいです。

  8. Misa より:

    こんばんは☆沈丁花は子供のころに住んでいたおうちにあったので、今でも大好きな香りです。いつかお庭のある家に住むことがあったら、ぜひ植えたいです。庭下駄、とっても素敵です。歯の治療のほうは、一歩進んで一歩後退して…ヨカッターと思う回と、えっ、だめなのかな…と思う回があるので私のほうも一喜一憂状態です。このままいい方向にいけばいいのですが。。。

  9. 洋子 より:

    今度は良い具合に行っているのかと思いきや・・・なかなかスムーズに行かない難しさが常にあるのですね・・・庭下駄素敵ですね(^_^)

  10. たんぽぽ より:

    ずっと我慢をしている生活って、大変ですよね(>_<)

  11. Nami より:

    歯の治療って、本当に大変なんですね。柚子、鳥用なんですか。(^^)どんな鳥が食べに来るのかな~?(^^)下駄、いいですネ。

  12. Chieko より:

    こんばんは(*^_^*)運動したわけじゃないのに筋肉痛っていうのが辛そうです(>_<)ぐっすり眠れるといいですね。庭下駄の写真、いい感じです^^

  13. 白い花 より:

    皆様、コメントを有り難うございました。やっと良い歯医者さんに巡り会えたと思ったのですが・・・2歩前進、1歩交替かも。微妙です!?!?!?庭下駄を置いてある石が良いでしょう? 下駄が映えるように思います。これから春に向けて、沈丁花、椿、春蘭などの花が楽しみです。

  14. Tosh より:

    こんにちは 白い花さん♪ やはり完全ではないのですね。 うーーーん、難しい。 入れ歯を作るのがこんなに難しいとは思いもよりませんでした。 入院中に何人もの人が入れ歯をしているのを見てきましたが、 あの人たちもそのように苦労されたのでしょうか? 僕はもっと簡単に作れるものだと思っていました。 現在もまだ治療されてる様子。 ほ~んと難しいのですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中